• 2015-12-17

    失敗することは考えない 走る! - [ニュース]

    読売巨人軍の鈴木尚広選手が蘇州日本人学校に来てくださいました。
    球界第一線で活躍する鈴木選手の磨き抜かれた走塁術とスライディング術は、他の球団の選手も認める球界ナンバー1のテクニックです。

    この日をまちわびた子どもたちは、鈴木選手と体育館中に響き渡る声で
    元気なあいさつができました。
    最初のお話のテーマは、
    「あいさつ」。
    鈴木選手は、あいさつをほんとうに大切にされています。

    「気持ちが落ち込んでいるとき、元気にあいさつをすると、気持ちが変わる。
    自分からあいさつをしていけば、周囲の人々と心を通わせることができ、
    そこから信頼される人間へと成長することができる。」
    と、世界一あいさつの上手な学校をめざす蘇州日本人学校にとって、とても大切なことを教えていただきました。

     
    「お父さんのどこが好き?」
    「お母さんのどこが好き?」
    自分を支えてくれる両親の大切さと、鈴木選手のご両親に対する思いをお話してくださいました。
    ステージから降りて、子どもたちとお話してくれる鈴木選手のあたたかく優しい眼差しが印象的でした。

    「明日は当たり前のようにやってくると思っていた。」
    日々の生活が、目の前が変わり果てたものになってしまう・・・。
    福島県相馬市の出身である鈴木選手が、当たり前の生活ができるありがたさ、夢を持ち続けることの大切さ、
    そして、なにがあっても生きること、命の大切さを真剣に語ってくださいました。
    生き抜いていくこと、自分を大切にしていくこと・・・。当たり前の生活が、ほんとうは一番幸せなんじゃないかということを教えていただいたような気がします。

     
    鈴木選手が毎日欠かさず行っているトレーニングについてもお話してくださいました。
    「継続することの大切さ」
    自分のその日のコンディションをしっかりと把握するため、試合で最高のパフォーマンスができるようにするため、
    一日も欠かさず続けているそうです。
    一日も休まずお仕事を続けるご両親の姿から、たくさんのことを学んだとおっしゃっていました。

     
     
    講演のあとは、蘇州ドリームキッズのメンバー代表とキャッチボール、ベースラン競争をしてくださいました。
    様々な体勢でボールをキャッチするたびに、見学の子どもたちからは大きな歓声があがりました。
    一緒にキャッチボールをしてもらったドリームキッズの子どもたちも、ほんとうにうれしそうでした。
    ベースラン競争では、見事な走りを間近で見せてくださいました。

    今回の講演は、子どもたちそれぞれにいろいろなことを感じたと思います。
    そして自分と向き合うことの大切さを少しずつ知ることができたのではないでしょうか。
     
     
    運動場で遊ぶ3年生のもとに走り寄ってくださった鈴木選手。
    子どもたちも大喜びでした。最高の思い出になったことでしょう。

    鈴木尚広選手、ほんとうにありがとうございました!
    蘇州からずっと応援しています!

    Tag:全校
  • 2015-12-07

    12月読書イベント - [ニュース]

    ]  

       

       

       

       

     昨日 保護者ボランティアさんによる今年最後の読書イベントがありました。
     みんなが知っている”かさ地蔵”をモチーフに、手づくりの脚本によりお芝居が繰り広げられました。傘を売りにいくおじいさんは児童の中に入り、居合わせた校長先生に傘を売り込む場面では、大いに盛り上がりました。お地蔵様に手持ちの傘をかぶせお決まりのストーリーと思いきや、足りない分はサンタ帽に手ぬぐいまでお出ましに大笑い。お礼にお餅や松飾、あったかいお正月となりましたとさ。
     その後、お正月クイズがあり、門松とか鏡餅の由来などの紹介があり、正月を前にとても良い勉強になりました。ここでも校長先生の飛び入りがあり、”校長先生のお雑煮”の紹介(おのろけ?)がありました。どんなの?ですって・・・私からはとても・・・お子さんに聞いてください。でも校長先生は”ここだけの話、ないしょだよ”と言っていました(笑)
     毎回すばらしい出し物を本当にありがとうございました。子どもたちはボランティアの皆さまによるこのイベントを、いつも心待ちにしています。これからも楽しい企画をよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
     

    Tag:
  • 2015-11-27

    小学部3・4年生「現地校交流」 - [ニュース]

     
     
    今年の3・4年生の現地校交流は、胥口中心小学を訪問しました。
    到着してからは、胥口中心小学の皆さんが拍手で迎えてくれました。


     
     
    発表を前に、胥口中心小学の副校長先生と日本人学校の校長先生からお話がありました。
    「どんどん中国語で話してみましょう。たとえ言葉が通じなくても
    身振りや手振り、そして笑顔でコミュニケーションをしていきましょう。」
    友達をどんどん作ってほしい、楽しんでほしいという強い思いが伝わってきます。

     
     
     
    それぞれの学校から、歌やダンス、太極扇の発表がありました。
    お互いの学校から熱い拍手がわき起こりました。


     
     
    発表の後は名刺交換をしました。中国語の時間や休み時間に心をこめて作った名刺です。
    名前や学校名だけでなく、好きなことや将来行きたい国も書いてあります。みんな名刺を
    もらえてとても嬉しそうです。みんなとびっきりの笑顔ですね。

     
     
    みんなで藤編みもしました。、胥口中心小学のお友達が優しく教えてくれました。
    「日本語教えて。」「何組あるの?」などおしゃべりしながら楽しんでいました。なかなか
    話しかけられなくても、一緒に丁寧に藤編みを完成させました。一編み一編み、絆が
    深まっていくように感じた人もいるでしょう。
    短い時間ではありましたが、、胥口中心小学の皆さんがほんとうに温かく迎えてくださいました。
    心と心が通じ合うすばらしい交流ができましたね。

    ずっとずっと、胥口中心小学と日本人学校の絆が深まりますように。
    「中日友誼長存」
    胥口中心小学の皆様、素敵な一日をありがとうございました。

     

     

     

     

  • 2015-11-11

    日本の学校との交流(4年) - [ニュース]

           

       

       

    4年2組が日本の小学校とSKYPEによる交流をしました。これは日本の学校が6年生の外国語で「道案内」をテーマにした授業の一環で行ったものです。SKYPEを繋げるとちょっと緊張があり、“ニイハオ!”で交流が始まりました。担当の子どもが“では学校の周辺の道案内を中国語の上手な人にやってもらいます”・・・(流暢な中国語で案内)・・・ “分りましたか?” “(日本)・・・” “それでは今言ったところを写真で案内します”・・・ 日系のコンビニが現れると“オーッ”、“中国では"ころころコミック"が1,500円もします“と言ったら”うわぁーっ“と大歓声。中国のスーパーや公園も上手に紹介しました。ただ、外国語といっても勉強しているのは英語なので、中国語の案内には”はて???“だったようで、きょとんとしていました。日本の先生から”中国で道に迷ったりしませんか?“に半分くらいの人が手を上げていました。みんな迷った経験があるようです。最後は”ザイチィエン“でお別れしました。わずか10分ほどの交流でしたが、中国の様子を日本のお友達にしっかり伝えることができたようです。これからも交流の輪を広げられるといいですね。

  • 2015-10-14

    日本人学校校長研究協議会 in 蘇州 - [ニュース]

    今日から3日間の日程で、東アジア・太洋州地区日本人学校校長研究協議会が開催されています。

     
    各地区からお集まりの先生方は、これからの日本人学校について真剣にお話をされていていました。

     
    午後は、いくつかのグループに分かれて細かいところまで、話し合いをされていました。

     
    蘇州の子どもたちは、校長先生たちに気持ちよくあいさつをしたり、質問されたことに対して、
    丁寧に答えたりしている場面もありました。

    校長先生たちには、有意義な研究協議をしていただくとともに、
    蘇州の良さを知っていっていただけるといいと思います。