• 2017-02-09

    仲良し班活動(全校)

     

     
    本年度最後の仲良し班活動でした。1年を通しての仲良し班。
    たくさんの活動の中で異学年との交流を深めてきました。
    最後の活動は、ダルマさんの一日をしたり、ハンカチ落としをしたりと、どの班も盛り上がっていました。
     
    お昼にもう一度集まり、仲良し班で楽しく弁当。
    おしゃべりをしたり、お家の人が作ったお弁当を自慢したり、にぎやかでした。
    来年度、また新しく班が変わってしまいますが、今の班の友達を大切にしつつ、新しい友達の輪を広げていってください。

    Tag:
  • 2017-02-08

    中国語(小1・小2) - [日記]

    小学部低学年の中国語の様子です。
    小学部低学年では、楽しみながら中国語になるべく多く触れることを目標にしています。
     
     
    授業の始めは中国語の歌を歌います。今月の歌は日本語や英語でも聞いたことのある歌の中国語版です。
    授業の中で、ワークを使いながらピンインも勉強し始めました。ピンインは難しいけど、大切なので、しっかりと覚えましょう。
    授業の最後は、習ったフレーズや単語を使ってゲームをします。ゲームのときは、自然と中国語が出てきます。
    学年が上がっても、今の気持ちを忘れずに積極的に頑張ってもらいたいです。

     

  • 2017-02-07

    「書くこと」で表現しよう!(小3) - [日記]

    3年生の教室をのぞいてみると、席書展に向けて「い」の文字を練習していました!
    まずはお手本を見ながら、気を付けるポイントを確認。
    墨をつけずに、何度も繰り返して練習します。
    そのおかげか、墨をつけてものびのびと大きく書くことができていました。
    3年生からはじまった毛筆の授業を通して、今では左手をしっかり添えて、腕ごと動かして書くことも身についてきました。
    墨のつけなおしについてや、筆の運びなど、気になることが出てくると、熱心に質問しています。
    いつも賑やかなクラスですが、今日は黙々と文字を書くことに集中している姿が印象的でした。

     

     

    続いて同じ3年生が活動中のPC室へ。
    こちらでは、2学期に学習したローマ字を使って、コンピュータでの文字入力に取り組んでいました。
    ローマ字から、ひらがな、カタカナ、漢字に変換し、フォントを工夫して、自己紹介の記事を作っています。
    入力の仕方がわからない文字や記号があると、お互いに質問して、協力している様子でした。
    写真や絵を貼りつけて、自由な発想で、記事をつくっていると、友達にも「こんなのできたよ!」と自慢したくなります。
    アドバイスしあうことで、よりよいものが出来上がっているようでした。

     

     
    3年生で学んできた毛筆と、ローマ字入力。
    筆とコンピュータ、古今どちらの方法でも、自己表現することを楽しめるなんて、とても素敵なことですね!

    Tag:小3
  • 2017-02-06

    体育「縄跳び」(小4) - [日記]

    4年生の体育では、縄跳びに取り組んでいます。

      

    基本的な「前跳び」「後ろ跳び」をはじめ、「あや跳び」や「二重跳び」などの難しい技にも挑戦。
    個々の目標に向かって頑張っています。毎回ペアで数を数えて記録していきます。

     

    21日の昼休みには、体育委員会企画による「8の字跳び大会」が予定されています。
    それぞれのクラスで5分間跳び、成功回数を競います。勝負となると一層気合が入りますね!
    個人の技とチームワークで、全力を出しきってください。期待しています。

     

    Tag:小4
  • 2017-02-04

    新年快楽(小学部低学年) - [日記]

     

    春節による休みも終わり、2月の学校生活がスタートしました。

    玄関や事務室入口の春節飾りは、中国でも新年を迎えたことをお祝いするとともに、児童生徒やお客さんをあたたかく迎えます。

    玄関ホールの節分にちなんだカレンダーは、日本ならではの季節感を演出しています。今回のカレンダーは中学部1年生の作品です。

    保健室前には、「泣き虫おに」や「ぐうたら鬼」、「はんこう鬼」など、健康委員が考えたおにが顔を並べます。

    節分の豆に見立てたボールを鬼に向かってエイッ!うまく命中させることができると、フェルトでできたおにの顔にピタッとボールがくっつきます!

    節分をきっかけに、自分の心のおにを退治して、自分にたくさんの福を呼び込むための準備ができるといいですね。

     

     

    1階を小学部低学年の教室がある方向へと進むとたくさんの児童作品が展示されています。

    1年生の教室前には、ヒヤシンスがきれいな花を咲かせています。生活科の学習で水耕栽培にチャレンジしました。

    土がなくてもヒヤシンスが球根から成長していくことにびっくり。その成長の様子を観察してレポートに記録しました。

    他にも、国語科の学習で出会ったお気に入りの昔話を絵と文章で魅力的に仲間に伝える掲示が貼られています。

    立ち止まってじっくり読んでみてください。

     

     

     

    さらに廊下を進んでいくと、2年生の作品が展示されています。

    図画工作科の「ぐちゃぐちゃ絵の具」の学習では、筆を使わずに絵の具のねっとりとした感触を手や指で楽しみながら作品を創っていく過程を楽しみました。

    国語科の「冬がいっぱい」の学習では、冬について書かれた詩を味わって、感じたことを絵で表しました。

    次は、自分自身でお題を決めて、感じることや見えてくるものを詩と絵の両方で表現します。

    自分の思いやイメージ、感じたことを形に表すことっておもしろいですね。今からどんな作品が完成するか楽しみです。

     

    いろいろな人やもの、ことと出会う中でたくさんのことを感じとり、自分自身の心を豊かに大きく成長させていけるといですね。