• 2017-01-26

    わらべ歌に合う伴奏を作ろう(小学部2年)

     
    2年生の音楽の時間です。まずは、わらべ歌を先生の伴奏に合わせて元気よく歌います。音楽にのって口を大きく開けて歌います。
    次は階名で歌います。教科書を見ずに、歌えるようになっている人もいます。そのあとは、鍵盤ハーモニカでリズム弾きの練習です。

    そして、先生が授業で行うことを説明します。「本日の課題はわらべ歌に合う伴奏作りです。」伴奏の作り方を先生が説明をし、「おもしろそう。」とみんなやる気になっていました。伴奏作りが始まりました。
      
    「ここの音は何にしようかな。」「ここをソにするとどんなメロディーになるのかな。」
    音を想像してはめる人や、試し弾きを繰り返し、自分が好きな音を探して伴奏を作っていく人。
    完成した時はうれしさのあまり何度も試し弾きをしたり、近くの友達に聞いてもらったりします。
    その後グループで、自分で作った伴奏を披露します。「その音楽いいね。」「あ!!わたしの伴奏と同じ」お互いの音を聞き合い、友達の伴奏の良さを感じたり、比べたりしていました。
    1時間の間でますますわらべ歌が好きになりました。

     

     

    Tag:
  • 2017-01-25

    中国語図書館開講(全校) - [日記]

    今月から各中国語教室に中国語の本が並べられています。これは、日系企業から寄贈頂いた本です。
     
    授業やお便りで紹介したことから、多くの人が興味をもったようです。
    休み時間に読みに来る人も見かけるようになりました。
    教室には、誰もが知っている物語の絵本、動物や宇宙の図鑑など、幅広く種類が揃っています。
    春節明けには、貸出を開始する予定です。今から、楽しみですね。

    Tag:全校
  • 2017-01-24

    今日も元気に朝ラン!(小1・小3・小5) - [日記]

    「朝ランの準備に来ました!」 小5の係の子どもたちが、朝はやくから準備のためにグランドに出てきています。
    走りやすいBGMを考えて、友達の意見も取り入れながら、準備してきたのでしょう。
    今日は、新しい曲で走るんだ、と楽しみにしている様子でした。

    小1の子どもたちが集まってきて、自分たちで整列して、係が声をかけて準備運動を始めました。
    大きなかけ声に、やる気があふれています。
    朝ランがはじまったころを思うと、立派に自分たちで準備ができるようになっていることに、成長を感じました。

    小3の子どもたちは、走り始めるとすごい集中力を発揮していました。
    BGMの歌を口ずさんでリズムにのりながら、最後までしっかりと走れていました。
    何周走れるようになったかを、うれしそうに報告してくれました。

     
     
     
     
    吐く息が白くなる、寒い中でしたが、見上げると青空。太陽の光があたるとぽかぽかしてくる、朝ラン日和でした。
    走っているみんなが、とてもいい笑顔を見せてくれて、楽しんで体力作りに取り組んでいるのが、つたわってきました。

  • 2017-01-23

    図工(小5) - [日記]

     

    鏡にうつる世界は、楽しくて不思議な感じがしますね。5年生が今作っている作品は「ミラクル!ミラーステージ」。
    ミラーシートの立て方や向きを工夫すると、おもしろい世界が生まれます。

     

    色画用紙やモール、紙粘土などを使って、自分の世界を作っていきます。設計図のようにうまくいかず
    苦労している様子も見られましたが、作りながら生まれてくるアイデアも楽しみながら試行錯誤して
    いました。完成が待ち遠しいですね。「ミラクル」を期待しています。

    Tag:小5
  • 2017-01-22

    お互いが理解し合えるって楽しい!(中2) - [日記]

    中学部2年生の英語の授業では、常に、子どもたちが生き生きと英語で表現しようとする姿が見られます。
    今日も、比較級、最上級を用いて状況を正しく表現することを目標に英語の学習が行われています。
    まずは、ウォーミングアップ。”LINEROW”のゲーム形式でこれまでの学習を振り返ります。
    生徒は電子黒板に示された写真やイラストの様子を英語で表現します。
    そこでは、ジョークやウィットに富んだ発言も飛び出し、あたたかく明るい雰囲気の中、学習が進んでいきます。

     

     

    そして、仲間と関わりながら、今日の目標の達成を目指します。

    その方法は”Envelope Game”。34人班で協力して封筒の中にある単語が書かれたカードを正しく並び替え、つくった文を発音し、ワークシートに記入します。

    実際にカードを動かして操作したり発音したりする活動は、自分たちでつくった文の正誤を確かめやすくなります。

    どのグループも互いに意見を伝え合い、活発に交流する様子が見られます。

    ゲーム形式での学習で、班ごとの対抗意識も芽生え、生徒の表情は真剣そのものです。

     

     

     

    比較級、最上級の文法を活用して英文をつくった後は、文法の定着度をはかります。

    まずは自分自身で、次にペアになって確認します。その後は”文法間違い探し”

    黒板に書かれた文章で、間違った用法に気づいて正しい英文へと書き直せるでしょうか。

    生徒は、黒板を凝視して間違いを探しています。小さい声で発音しながらその正誤を確認する様子も見られます。

    分かった生徒は発表です。ただ間違えを指摘するだけではなく、なぜ間違っているのかについて、わけを添えて話します。

    「わけを添えて話すことができる」は本校の学習行動目標です。目指す姿ですね。

     

     

     

     

    仲間と積極的にコミュニケーションを取りながら学習した内容を活用することで、英語力を大きく伸ばしていますね。

    これからも意欲的に学習に取り組み、英語を通して世界の様々な人・もの・ことと触れ合い、多様な考え方を身に付けた国際人へと成長していこう。

    Tag:中2