2014-02-11

    もちつき(小学部1年) - [ニュース]

    1月16日(木)に行われた小学部1年生のもちつきの様子をお伝えします。

    もち米を蒸すいい香りが校舎3階にひろがっています。
    今日は小学部1年生のもちつきです。

     
    開会式です。司会もあいさつも1年生で堂々とできるようになりました。
    もちをついてお正月を迎える日本のならわしや、もちつきの意味、流れなどを
    生活科で学習しました。
    おもちつきが楽しみですね!

      
    「自分がもちをつくときだけではなくて、お友だちがついているときでも、しっかり声を出して
    応援してあげようね!かけ声はなんて言おうかな?」
    「ヨイショ!ヨイショ!のかけ声だよ。」
    わくわくするようなお話を教頭先生がしてくださいました。
    1年生みんなでがんばるおもちつきです!
     
    このもちつきのために、たくさんのお母さんボランティアの方々が集まってくださいました。
    心強いです。
    力仕事は日本人学校の先生にお願いしましょう!

     
     
    さあ、もち米が蒸しあがりました!1年生から歓声があがります!
    1年生がつきやすいように、まず先生たちがきねを使ってこねてくれます。

     
    先生は軽々ともちあげているけれど、きねって意外と重いんです。
    おっとっと、気をつけてくださいね。
     
    どんなおもちになるのか、みんな静かに見守ります。気分がどんどん高まりますね。
     
     
     
    「ペッタン、ペッタン」
    いい音が廊下いっぱいに響いています。
    3階の中学生が休み時間に見に来ていました。

     
    さあ、みんなのおもちがつきあがりました。
    おもちのいいにおいです。食べるのをまちきれない1年生のみんなです。

     
     
    ついたおもちをみんなでこねてまるめます。
    つきたてのおもちはとってもあたたかいですね。

    さあ、おまちかね!みんなでおいしく食べましょう!
    「いただきま~す。」
     
     
    1年生みんなでおいしい、おいしいおもちをいただきました。
    大満足の1年生です。
     
    閉会式の前に、九州地方に伝わっている
    「うさぎのもちつき」で遊びました。
    「ペッタンコ、ペッタンコ」
    「こねて、こねて」と言いながら、リズミカルに手を動かすかわいい手遊び歌です。

    閉会式でもちつきでがんばったことや気づいたことをみんなで振り返りました。
    みんなでがんばったおもちつきです。
    おいしいおもちを食べて、これからの3学期をがんばっていきましょう。

     

    分享到:
    引用地址: