2014-09-22

    中学2年生数学「Open End Report」発表会 - [日記]

     「Open End Report」 とは、ある課題に対して独自の理論を立て,論理的に説明して答えを導き

    出すという数学の活動です。

     課題は、「 日本と中国を結ぶ橋を架けると費用はいくらかかるか。」や「 奈良の大仏と鎌倉の大仏が

    相手の場所に向かって走ると何時間後にどこで会えるか。」などの非現実なものから将来実現可能な

    ものまで、7つの課題から生徒が1つ選び、夏休み中にレポートを作成しました。

      

     生徒達は、普段学習している数学の知識や計算を使って、自分なりの答えを導き、しっかりと自分の言葉で

    発表していました。中にはこの課題に3週間も費やしていた生徒、答えが出るまで大変だったけど楽しかったと

    感想を述べる生徒がいて、生徒達には良い刺激となったようでした。

     学校公開週間中、水曜日と金曜日にも続きがあります。是非とも生徒達の発表を見て頂ければと思います。

    分享到:
    引用地址: