2015-10-15

    和楽器体験(全学年) - [日記]

    今日は日本からこうべ邦楽ワークショップと全国邦楽合奏協会の皆様をお迎えして,和楽器の体験授業が行われました。
    5年生は箏の授業です。まず,自分に合う“爪”を先生から選んでいただきます。
    そして,箏の楽器の歴史や構造について教えていただきました。
     
    いよいよ箏に触れる瞬間がやってきました。弦を弾くと美しい音色が響き,みんな笑顔です。
    奏法の基本を教えていただいた後は,「さくら」の演奏に挑戦しました。集中して一音一音丁寧に響かせ,全員最後まで弾くことができました。
    最後は先生の伴奏に合わせての演奏です。豊かな音色が音楽室に響き渡り,大満足の箏の体験授業でした。
     
     
     
    5時間目は,邦楽の演奏会が行われました。邦楽とは箏や三味線など日本に古くから伝わる楽器で演奏する音楽のことです。
    今日はその中から,尺八,箏,三絃,琵琶,鼓による合奏で,「鹿の遠音」や「春の海」,「日本の四季」「冬の一日」などを演奏していただきました。邦楽の心地よい音色に包まれ,とても素敵な時間を過ごしました。演奏会の最後に,「将来,日本人として,日本の楽器や音楽はこんな音楽ですよ。と世界の人たちに説明できるようになってほしい。」とおっしゃった言葉が胸に残りました。
     
     
    中学部三年生は,箏,三絃,尺八の和楽器体験です。15分ずつ,三種類の楽器を体験しました。
    先生方からマンツーマンでご指導いただき,教室のあちこちから美しい音が聞こえてきました。
    箏のグループは,最後に「さくら」の二重奏に挑戦しました。二重奏は音楽に深みが出て,聴いていてとても感動しました。
     
     
    こうべ邦楽ワークショップと全国邦楽合奏協会の皆様,心が豊かになる一日をありがとうございました。
    この体験を心の中に大切に抱いて,これからも頑張っていきます。

    分享到:
    Tag:全学年
    引用地址: