2016-05-13

    南塚直子先生、ありがとうございました!(小学部) - [日記]

    日本人学校に素敵なお客様が来てくださいました。
    『うさぎのくれたバレエシューズ』の作者であり、銅版画、陶版画制作家としても活躍されている南塚直子先生です。

     
     
    南塚先生が、『うさぎのくれたバレエシューズ』を読み聞かせしてくれました。
    しーんと静まった体育館に、南塚先生のやさしくてあたたかい声が響きます。
    物語にじっと聞き入る子どもたち。美しい絵本の世界にひきこまれてしまいました。
     
     
    月の夜のバレエの発表会というテーマで南塚先生が絵を描いてくださいました。
    主人公の女の子とうさぎたちが、先生の手によって生み出されます。
    そして学年の代表者と一緒に絵を仕上げます。代表のみんなも、最初は緊張していたようですが、
    先生と一緒にお絵かきできる嬉しさと先生からの励ましの言葉でバレリーナや花びらが描かれ、
    素敵な作品が完成しました。

    南塚先生は小さいころからお絵かきが大好きだったそうです。
    大好きなことをずっと続けて、今の自分があるのだとお話してくださいました。
    「好きなことを見つけて、好きなことはずっとやり続けてほしい。」という先生のメッセージとともに、
    一人ひとりにかけがえのない思い出ができました。

    南塚直子先生、ありがとうございました。

     

     

    分享到:
    Tag:小学部
    引用地址: