2016-11-01

    音読劇をしよう(小2) - [日記]

    小学校2年生は、国語の時間に、アーノルド・ローベル作「お手紙」の音読劇をしました。
    「お手紙」は、「かえるくん」と「がまくん」という二人の友情の素晴らしさをテーマに
    した童話であり、お手紙を通して、友達の不幸せをいっしょに悲しみ、幸せを共に喜ぶ
    ほのぼのとした作品です。

     
     
    2組では、タブレットで撮影した音読練習をクループで見て、「○○くん、がまくんみたいで
    よかったよ」「△△さん、かえるくんの気持ちが伝わるように話すともっといいよ」と友達
    どうしで話し合っています。みんな熱心に話し合い、練習しています。
     
    1組は、音読劇の発表をしています。今までグループで練習してきた成果を、クラス全員の
    前で発表です。大きな声で、かえるくんやがまくんになりきって音読していました。
    とても上手でした。

    分享到:
    Tag:小2
    引用地址: