2016-12-14

    ロボット実演特別授業開催(全校) - [日記]

    14日の午前中に、ロボット実演特別授業が全校生徒対象に2部構成で行われました。

    1部は、小学1年生から4年生までが対象で、ロボットの実演中心の授業です。

    2部は、小学5年生から中学3年生までが対象で、授業内容は講義と実演です。

    講義では、私たちの身の回りで使われている電子部品の機能や役割、ロボット開発での工夫や苦労、そして、科学系職業のやりがいなどについてお話を頂きました。

    知的好奇心をくすぐられた児童生徒が、目を輝かせてお話を聞いています。

     

     

    ロボットには、様々な電子部品が使われています。姿勢を制御するジャイロセンサ、障害物を認識する超音波センサ、ワイヤレスで命令するBluetoothモジュールなど。

    ロボットの姿勢を制御するためのジャイロセンサの仕組は、私たちが倒れないための腕を回す動きと一緒だと、実感を伴って学ぶことができました。

     

    ロボットの実演では、一輪車を乗りこなすロボットや2cm幅の平均台をスムーズに進むロボットの動きを身を乗り出して観察です。

    リモコンを使ってのロボット操作の体験もできました。

     

     

     

    質問タイムでたくさんの疑問を解決した後は、ロボットを動かす電子部品を間近で観察です。

     

    新しいことを学ぶ楽しさやあきらめずに挑戦することの大切さを学ぶことができました。

    いろいろなことへ積極的に挑戦し、自分が熱中できることやものをみつけ、追究する楽しさを実感できたらいいですね。

    分享到:
    Tag:全校
    引用地址: