2017-01-22

    お互いが理解し合えるって楽しい!(中2) - [日記]

    中学部2年生の英語の授業では、常に、子どもたちが生き生きと英語で表現しようとする姿が見られます。
    今日も、比較級、最上級を用いて状況を正しく表現することを目標に英語の学習が行われています。
    まずは、ウォーミングアップ。”LINEROW”のゲーム形式でこれまでの学習を振り返ります。
    生徒は電子黒板に示された写真やイラストの様子を英語で表現します。
    そこでは、ジョークやウィットに富んだ発言も飛び出し、あたたかく明るい雰囲気の中、学習が進んでいきます。

     

     

    そして、仲間と関わりながら、今日の目標の達成を目指します。

    その方法は”Envelope Game”。34人班で協力して封筒の中にある単語が書かれたカードを正しく並び替え、つくった文を発音し、ワークシートに記入します。

    実際にカードを動かして操作したり発音したりする活動は、自分たちでつくった文の正誤を確かめやすくなります。

    どのグループも互いに意見を伝え合い、活発に交流する様子が見られます。

    ゲーム形式での学習で、班ごとの対抗意識も芽生え、生徒の表情は真剣そのものです。

     

     

     

    比較級、最上級の文法を活用して英文をつくった後は、文法の定着度をはかります。