• 2016-01-07

    3学期始業式 - [日記]

    今日から3学期が始まりました。
    小学部の掲示新聞委員が作成した1月の掲示がみんなの登校を待っていました。
    教室では久しぶりに会う友達や担任の先生との会話が弾んでいます。
     
     
    朝の会の後すぐに始業式が行われました。
     
     
     校長先生からは,「新しい一年が始まりました。夢を持ちましょう。夢を持ったら,夢に向かって頑張ることが大切。」とお話がありました。続いて保健室の先生からは,「毎日健康に過ごすために,①栄養 ②睡眠 ③手洗い ④うがい ⑤マスク の5つのレンジャーを大切にしていきましょう」とお話がありました。式の最後の校歌斉唱では,元気な歌声が体育館に響きました。
    今年一年,夢に向かって一生懸命頑張っていきましょう。

    Tag:全校
  • 2015-12-25

    第2学期終業式 - [学校行事]

    今日は第2学期の終業式です。
    まもなく終わろうとしている2015年。みんな一人ひとりが1年を振り返り2学期しめくくりの日を迎えました。
    校長先生からは、それぞれに新学期、新年に向けての抱負をもち、心の準備をしてもらいたいというお話がありました。
     
     
    冬休みの生活のお話では、あいさつをしっかりとして、新年をすこやかに迎えられるようにしてほしいということと、
    外出や旅行をする際は、人ごみや車通りの多いところはくれぐれも気をつけて、3学期にみんなが元気に再会できるようにとお話がありました。
    「よいお年を」
    という新しい年をきもちよく迎えるためのあいさつも覚えましたね。
     
    保健室の先生からは、冬休みだからといって、ゲームやテレビばかりを見てだらだらと過ごすのでなく、規則正しい生活を心がけてほしいということと、
    体に気をつけて、規則正しい生活を心がけるようにと大切なお話がありました。

    その後、学年代表者による作文発表がありました。それぞれが2学期を振り返り、楽しかったことやがんばったことなどを元気に発表してくれました。
    3学期にむけての目標もしっかりと定まっていましたね。
     
     
    終業式の後は、読書感想文コンクールの表彰や2学期に行われた漢字検定、英語検定、中国語のHSK検定の結果報告がありました。
    これからも日々の積み重ねが結果につながるようしっかり努力していきたいですね。
     

    クラスに戻るといよいよ通知表を受け取ります。
     
    結果だけに目が行きがちですが、2学期の間に自分ががんばったことは何か、どういうふうに努力をしたのかを振り返ることがとても大切です。
    担任の先生からのアドバイスをもとにこれからもステップアップを目指しましょう。
     
     
    今日を最後に日本人学校を離れ、新たな出発をする仲間たちがいます。
    新しい場所でも蘇州での出会いや思い出を忘れず、元気いっぱいがんばってくださいね。
    蘇州からずっと応援しています。

    それでは良いお年を!
    3学期に元気に会いましょうね!

     

    Tag:全校
  • 2015-12-17

    失敗することは考えない 走る! - [ニュース]

    読売巨人軍の鈴木尚広選手が蘇州日本人学校に来てくださいました。
    球界第一線で活躍する鈴木選手の磨き抜かれた走塁術とスライディング術は、他の球団の選手も認める球界ナンバー1のテクニックです。

    この日をまちわびた子どもたちは、鈴木選手と体育館中に響き渡る声で
    元気なあいさつができました。
    最初のお話のテーマは、
    「あいさつ」。
    鈴木選手は、あいさつをほんとうに大切にされています。

    「気持ちが落ち込んでいるとき、元気にあいさつをすると、気持ちが変わる。
    自分からあいさつをしていけば、周囲の人々と心を通わせることができ、
    そこから信頼される人間へと成長することができる。」
    と、世界一あいさつの上手な学校をめざす蘇州日本人学校にとって、とても大切なことを教えていただきました。

     
    「お父さんのどこが好き?」
    「お母さんのどこが好き?」
    自分を支えてくれる両親の大切さと、鈴木選手のご両親に対する思いをお話してくださいました。
    ステージから降りて、子どもたちとお話してくれる鈴木選手のあたたかく優しい眼差しが印象的でした。

    「明日は当たり前のようにやってくると思っていた。」
    日々の生活が、目の前が変わり果てたものになってしまう・・・。
    福島県相馬市の出身である鈴木選手が、当たり前の生活ができるありがたさ、夢を持ち続けることの大切さ、
    そして、なにがあっても生きること、命の大切さを真剣に語ってくださいました。
    生き抜いていくこと、自分を大切にしていくこと・・・。当たり前の生活が、ほんとうは一番幸せなんじゃないかということを教えていただいたような気がします。

     
    鈴木選手が毎日欠かさず行っているトレーニングについてもお話してくださいました。
    「継続することの大切さ」
    自分のその日のコンディションをしっかりと把握するため、試合で最高のパフォーマンスができるようにするため、
    一日も欠かさず続けているそうです。
    一日も休まずお仕事を続けるご両親の姿から、たくさんのことを学んだとおっしゃっていました。

     
     
    講演のあとは、蘇州ドリームキッズのメンバー代表とキャッチボール、ベースラン競争をしてくださいました。
    様々な体勢でボールをキャッチするたびに、見学の子どもたちからは大きな歓声があがりました。
    一緒にキャッチボールをしてもらったドリームキッズの子どもたちも、ほんとうにうれしそうでした。
    ベースラン競争では、見事な走りを間近で見せてくださいました。

    今回の講演は、子どもたちそれぞれにいろいろなことを感じたと思います。
    そして自分と向き合うことの大切さを少しずつ知ることができたのではないでしょうか。
     
     
    運動場で遊ぶ3年生のもとに走り寄ってくださった鈴木選手。
    子どもたちも大喜びでした。最高の思い出になったことでしょう。

    鈴木尚広選手、ほんとうにありがとうございました!
    蘇州からずっと応援しています!

    Tag:全校
  • 2015-12-11

    ~きれいにしましょう~ - [日記]

    お昼休みの後、1時30分に音楽がかかります。清掃開始の音楽です。
    本校の子ども達は、清掃開始の曲が鳴る前から掃除を始めます。

     
    みんなで協力して、隅々まできれいにしていきます。

     
    本校の教室・廊下・階段は広く造られており掃除をするのは大変ですが、各分担ごとに声をかけ合って、丁寧に清掃活動をしております。もっともっと学校がきれいになるよう毎日磨き上げていって欲しいです。

    Tag:全校
  • 2015-11-21

    創立10周年記念式典 - [日記]

    蘇州日本人学校の記念すべき、10周年記念式典が11月21日(土)に行われました。
     
    在上海日本国総領事館総領事をはじめ、蘇州新区管理委員会・日商倶楽部理事の方々など数多くの来賓の方をお迎えして華やかに執り行われました。

     
     
    学校長より式辞、総領事・蘇州新区管理委員会より御祝辞、生徒会長よりあいさつがありました。

     
    本日の式典は中国人の方も多く御臨席されましたので、すべて通訳をつけての進行でした。

     
    この10年の節目にあたるこの良き日にも、高らかに校歌が体育館中に響き渡りました。

    皆様方のお陰で、蘇州日本人学校に新たな歴史が刻まれました。これからも変わらぬ御支援・御指導よろしくお願いいたします。

    Tag:全校